メーデー

第86回メーデーが4月29日、5月1日(金)の両日、県下5会場で盛大に開催され、約2,000人が参加した。各会場は雇用や賃金など労働環境改善を訴えるとともに、東日本大震災の被災地復興支援強化に向け、3県のアンテナショップから特産品を調達し、会場で抽選会の景品にするなど、連帯の輪も広げた。

徳島市新町川公園で開催された徳島中央メーデーは、各構成組織、福祉事業団体から約1,500人が参加。藤岡副実行委員長の開会あいさつ、議長団に鎌谷副会長と藤田女性委員会事務局長が選出され、主催者を代表し河村実行委員長は、「今年は第二次世界大戦の終戦から70年、阪神・淡路大震災から20年、春闘が今のスタイルとなって60年となる。
今春闘を取り巻く情勢については、『給与の引き上げに向け、最大限の努力をする』ことが表明されたが、アベノミクスによる景気回復の実感が乏しく、賃金が物価上昇に追いついていないことからもより一層の賃金引き上げが必要であった。政策・制度面では、労働者保護ルール改悪の問題とGPIF(年金積立金の運用)についてのガバナンス問題とあわせ取り組む。また、第18回統一地方選挙に、連合徳島推薦・支持候補者への力強いご支援・ご協力に感謝を申し上げる。『働くことを軸とする安心社会』の実現に向け、全力で立ち向かっていこう」と力強いあいさつをした。

続いて、来賓として飯泉知事、多田徳島市第一副市長、福祉事業団体(全労済・川越本部長)、民主党・仁木代表、社民党・小林幹事、連合推薦議員ネットを代表し庄野県議から、それぞれあいさつを受けた。

祝電・メッセージ披露の後、「2015中小春闘未解決組合を支援する特別決議」「良質な公共サービスの確立を求める特別決議」「戦後70周年にあたっての特別決議」や「第86回メーデー宣言」が提案され、全体の拍手で採択された。

その後、プラカード審査発表が行われ、国見副実行委員長からメーデー大賞・電機連合三洋労組、優秀賞・県職労青年部、努力賞・農協労連に賞品が贈られた。

最後に、宮本副実行委員長の閉会あいさつ、河村実行委員長が団結ガンバローを三唱し、中央メーデーを終了した。なお、集会終了後、デモ行進、抽選会も行われた。

P1  P2  P3

P4

page top